市街地整備促進協議会の概要
設 立 平成14年7月19日

目 的 協議会は、市街地整備に関する理念、計画、事業等について、会員相互の情報交換、調査、研究等を行うことにより、市街地整備の円滑な促進を図ることを目的とする。


事業内容 ・市街地の整備に関する会員相互の情報の交換と共有
・市街地の整備に関する調査研究
・関係機関に対する施策及び制度の提案、要望
・国の施策及び制度の紹介、解説
・その他、協議会の目的達成に必要な事業




組 織 協議会は、会員として正会員(協議会の目的に賛同する市区町村)と特別会員(都道府県及び公団等)をもって組織する。
(会員団体一覧参照)


主な活動 □ 講演会
市街地における基盤整備のあり方、中心市街地の活性化を図るための方策等について、国土交通省、学識者等による講演会を、年1回総会開催時に実施する。
□ 部会
地方自治体がまちづくりを進めるうえで課題となる事項について、いくつかのテーマごとに部会を設置して重点的に調査研究を行う。その成果は会員へフィードバックし、関係機関への施策の提案等に役立てる。
□ 研修会
事例視察や講演、分科会での討論等によるスキルアップを目指し、年1回研修会を実施する。部会の成果発表や新たなテーマの掘り起こしの場としても活用する。












役 員 協議会に、役員として理事及び監事を置き、その理事から会長1名及び副会長1名を選出する。
(役員名簿参照)